今でも忘れはしない辛い体験があります。それは食中毒です。え?そんな誰でもかかるような簡単な症状と思われるかもしれないんですが、食中毒にもピンきりがあるんです。本当に死ぬかと思って救急車を初めて呼ぼうかと思ったくらいでした。私があたったのは、年末に食べた生牡蠣です。そして、元旦に症状が出てしまいあまりの痛さにのたうちまわりました。刺されるような痛みでおう吐がひどくて、あんなに痛い経験はありません。一晩で4キロも痩せてしまいました。あまりに辛くて意識も遠退く中、近くの救急病院に受け入れてもらえるか家族に聞いてもらったところ…まさかの拒否!同じような症状の人が居すぎて重症の人から診ていくからってあっさり言われました。電話で問診だけしてもらったら、まさかの展開で先生に怒られました。実は私ってあまりに苦しくて我慢できなくて、下痢止めや吐き気止め、解熱剤など薬を飲んでしまってたんです。それがそこまで症状を悪化させた原因でした。体の中で毒素が増えて爆発してしまっている状態だから、薬をすぐに辞めて出すだけ上から下から出して!と言われました。食中毒なんて初めてだからまさかそんな対処法があるなんて知らず呆気にとられました。出すだけだしちゃったら、徐々に症状はひいていきました。薬を飲むって自己判断でしちゃいけないと思いました。年末の生モノもそれ以来辞めました。